銀行のメリット

銀行のカードローンの最大のメリットは、消費者金融と比べて金利が低いことです。消費者金融では少額の借入れ時には年利18%程度に設定されることがほとんどですが、銀行では平均して約15%程度です。ほんの数%の差ですが、借入れ期間が長くなると、この差が支払い額に大きく影響してきます。長期的に利用する場合は金利の面で銀行のカードローンの方が有利です。

メガバンクの提供するカードローンでは、ネットからの操作に対応しているなど、消費者金融に劣らないサービスを用意しています。消費者金融の無人契約機に相当する無人のローン窓口を用意している銀行もあり、消費者金融と同様に、土日や夜間でも契約が行えることがあります。

また消費者金融では本人に収入がない場合は契約は行えませんが、銀行では条件次第で専業主婦のような本人に収入がない場合でも契約することができます。これは消費者金融と銀行ではキャッシングに対して適用される法律が異なる為です。

ですが消費者金融と比べて申込みを行える営業時間が短く、申込みから借入れが行えるまでの時間も消費者金融より長く掛かる傾向があります。申込みを行った時間が遅いと審査の結果が翌日以降になることも多く、即日キャッシングを希望する場合には向いていません。急ぎでお金が必要な場合には消費者金融の方が向いていますが、今すぐに借入れを行いたい訳ではなく、長期的な利用を考えている場合はこの銀行のカードローンの方がおすすめです。