銀行のメリット

銀行のカードローンの最大のメリットは、消費者金融と比べて金利が低いことです。消費者金融では少額の借入れ時には年利18%程度に設定されることがほとんどですが、銀行では平均して約15%程度です。ほんの数%の差ですが、借入れ期間が長くなると、この差が支払い額に大きく影響してきます。長期的に利用する場合は金利の面で銀行のカードローンの方が有利です。

メガバンクの提供するカードローンでは、ネットからの操作に対応しているなど、消費者金融に劣らないサービスを用意しています。消費者金融の無人契約機に相当する無人のローン窓口を用意している銀行もあり、消費者金融と同様に、土日や夜間でも契約が行えることがあります。

また消費者金融では本人に収入がない場合は契約は行えませんが、銀行では条件次第で専業主婦のような本人に収入がない場合でも契約することができます。これは消費者金融と銀行ではキャッシングに対して適用される法律が異なる為です。

ですが消費者金融と比べて申込みを行える営業時間が短く、申込みから借入れが行えるまでの時間も消費者金融より長く掛かる傾向があります。申込みを行った時間が遅いと審査の結果が翌日以降になることも多く、即日キャッシングを希望する場合には向いていません。急ぎでお金が必要な場合には消費者金融の方が向いていますが、今すぐに借入れを行いたい訳ではなく、長期的な利用を考えている場合はこの銀行のカードローンの方がおすすめです。

消費者金融のメリット

消費者金融のカードローンは、今や即日キャッシングが当たり前だと言えます。各消費者金融の営業時間内に申込みを行い、当日中に審査を通過できれば、すぐに借入れを行うことができます。営業時間も銀行と比べて長く、審査に掛かる時間も最短で30分程度です。この営業時間と申込みから借入れが行えるまでの早さが、消費者金融を利用する最大のメリットだと言えます。

現在ではネットから申込みが行える消費者金融も多く、いつどこからでも申込みを行うことができます。また全国に設置された無人契約機を利用すると、その場でキャッシング用のカードが発行できます。大手の消費者金融ではスマホ用の専用アプリを用意している場合も多く、それを利用すると、現在の借入れ状況の確認が簡単に行えたり、指定した銀行口座までいつでも借入れを行うことができます。こういった利用を開始してからのサービス面が充実しているところも、消費者金融が優れている点です。

消費者金融ではこのような契約までの早さや利便性の高さでは銀行のカードローンを大きく上回っていますが、基本的に銀行のカードローンと比べて、多少金利が高く設定されています。短期間の利用であれば、この金利の差はそれほど気にするほどでもありませんが、長期の利用になる場合は、これらメリット面との相談になると言えるかも知れません。

参照<キャッシングサービス利用 – ノーローン
インターネットからの申込みで即日振込みをしてもらえます。